ここから本文です

けやき坂46の公式ノンフィクション連載『週刊プレイボーイ』でシーズン2がスタート

9/3(月) 6:00配信

オリコン

 人気アイドルグループ・けやき坂46の活動の舞台裏を描いた公式ノンフィクション連載「けやき坂46ストーリー」のシーズン2が、3日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)No.38からスタートした。

【写真】キャプテンを務めている佐々木久美

 現・欅坂46の長濱ねるを唯一のメンバーとし、2015年11月に結成されたけやき坂46。その後、追加メンバーが加入するも、長濱は欅坂46専任へ。そこに2期生が合流するなど、グループの形を大きく変えながら活動。18年に入ってからは武道館3days公演を成功させ、デビューアルバムもCD&配信でオリコン2冠を達成し、今最も勢いがあるグループと言われるまでに成長した。

 そんな、けやき坂46の活動の舞台裏を描き、読者から「ひらがなけやきのバイブル」「アイドルに興味がなかったのに泣けた」などと好評を得ていた「けやき坂46ストーリー」は、一時、連載を中断していたが、シーズン2として再び連載されることとなった。

 初回は、17年夏の欅坂46の全国ツアーの期間を舞台に、現キャプテンの佐々木久美の人生もからめながら、けやき坂46メンバーのひと夏の変化が描かれる。また、10日発売の同誌No.39・40合併号には、通常よりページを増やした拡大版が掲載。けやき坂46のメンバー20人を撮り下ろしたブックinブックも封入される。

最終更新:9/4(火) 14:25
オリコン