ここから本文です

エリー鉄道株巡る大乱戦後も資産家の地位揺るがず ヴァンダービルト(下)

2018/9/28(金) 15:40配信 有料

THE PAGE

ヴァンダービルトII世の邸宅(福沢桃介著『欧米株式話歴史』より)

 ハーレム鉄道、ニューヨーク・ハドソン川鉄道、さらにはニューヨーク・セントラル鉄道を手中に収め、アメリカ東部の鉄道王となった、コーネリウス・ヴァンダービルトの次なる標的は、ダニエル・ドルーの持つエリー鉄道株でした。歴史に残るこの大乱戦で、ヴァンダービルトはライバルにどのように立ち向かっていったのでしょうか。市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。 

  ハーレム、ハドソン、ニューヨーク・セントラル3鉄道を手中に

 ハーレム鉄道株を巡る大仕手戦で勝利し、わがものにしたヴァンダービルトの上昇志向は衰えそうにない。ハーレム鉄道の競合するニューヨーク・ハドソン川鉄道を買収し傘下に収める作戦である。1864年、ハドソン川鉄道株をあっさり手中に収める。さらには、ニューヨーク・セントラル鉄道(アルバニー―バファロー間)を買収し、ハドソン川鉄道と連結させる計画である。

 その一方、ニューヨークから五大湖地方を結ぶ一大幹線とする計画を立て、一部株主の反対にあいながらも1867年には、計画通りニューヨーク・セントラルをその支配下に置くこととなった。この時、彼が市場で株集めに要した金額は1800万ドルの巨額にのぼった。1869年秋には州議会とヴァンダービルトとの関係は好転し、ハーレム、ハドソン、ニューヨーク・セントラル3鉄道の合同が認可される。 本文:2,318文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2018/10/2(火) 13:57
THE PAGE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る