ここから本文です

旗手・池江璃花子「みんな帰っちゃったのかなと思った」 閉会式トラブル

9/3(月) 18:42配信

スポーツ報知

 ジャカルタ・アジア大会で金メダル6個、銀メダル2個を獲得し、大会MVPに輝いた競泳の池江璃花子(18)=ルネサンス=が3日、1泊3日でMVP授賞式参加などを終え羽田空港に帰国した。

 日本選手団の旗手を務めた2日の閉会式では、トラブルに見舞われた。池江が先に入場した後、選手団が運営の混乱により、会場のブンカルノ競技場の外で40分ほど待機させられた。「日本の選手団が入ってこなくて、ボランティアの人が入ってきて、みんな帰っちゃったのかなと思った。旗は最初は軽かったのに、雨でどんどん重たくなってきつかった」。不安を抱えながらも、なんとか日本選手団と合流。その後は、他の競技の選手から記念撮影をお願いされるなど楽しい時を過ごした。「開会式や閉会式は初めてで、旗手もできてうれしかった。他の競技の選手が自分のことを知ってくれていて、うれしかった」と笑顔を見せた。

 今回は人生初のビジネスクラスに搭乗。「すごく快適で楽しかった。ゆっくり眠れました」と、控えめに喜んでいた。

最終更新:9/4(火) 19:05
スポーツ報知