ここから本文です

短期集中連載【バッシュのひもを解いて~セカンドキャリアを語る】第1回 中川和之「バスケに出会ったのが最後。今さら生き方は変えられない」

9/3(月) 18:00配信

バスケットボールキング

アースフレンズ東京Zから契約解除が発表されたのは、2017-18シーズン半ばの1月13日。2月7日には自身のSNSを通じて現役引退を表明した。あまりにも突然だった発表の主は、中川和之。何故シーズン途中で選手生活に別れを告げたのか、これからどこへ向かうのか。その前に、本人の証言を基に選手としてのキャリアを振り返る。

取材・文=吉川哲彦
写真=中川和之氏提供、B.LEAGUE

大学卒業後、アメリカへ挑戦。日米4チームでプレーし、昨シーズン途中に引退

 小学3年時に双子の兄・直之とともにバスケットを始め、中学時代は全国準優勝、高校時代はインターハイベスト16。専修大学では2年時にインカレ初優勝、優秀選手の栄誉に浴した。決勝で涙を飲んだ4年時のインカレが終わってすぐに渡米し、独立リーグABAのロングビーチジャムに入団する。ここまでを振り返ると順風満帆、アメリカ行きも自然の流れに見えるが、常に自身を厳しい目で見つめる中川に言わせれば実情はそうではない。

「高校2年の時のナイキキャンプでコーチのトム・ニューウェルから『おまえはアメリカに行くべきだ』って言われたんですが、当時の僕はアメリカなんて行けるわけがないと思っていた。それが大学の時に、ロングビーチジャムが大宮(宏正/現千葉ジェッツ)を欲しいというので、チュウさん(中原雄/当時専修大アシスタントコーチ)にそそのかされて僕も行くことになったんです。トライアウトと知らず、練習参加するだけと思っていたのが受かってしまった。そこで人生が変わりましたね。もしかしたら高校の頃から無意識に願望はあったのかもしれないですが、『こんなチャンスがあるんだったら』と初めて素直になった」

 その後、日米の4チームを渡り歩くが、2008-09シーズンをbjリーグの高松ファイブアローズ(現香川ファイブアローズ)で過ごした後、JBLの三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)に入団。27歳で中川はアメリカ挑戦にピリオドを打つ。

「挑戦は27歳までと決めていて、シーズンが終わった後に受けるトライアウトで最後にするつもりでした。でもその前のシーズン中に英語で電話がかかってきた。それがアントニオ・ラング(当時三菱電機AC)からだったんですよ。三菱からは大学の時に1回目、アメリカでクビになった時に2回目、そしてこれが3回目のオファーでした。それでもう『自分にとっては運命的なチームなのか』と思って三菱と契約しました。その後NBAのDリーグ(現Gリーグ)のチームからコールアップみたいなものもあったんですが、Dリーグでプレーするのが目標ではないので断りました」

 三菱電機で4シーズン、つくばロボッツ(現茨城ロボッツ)で3シーズンを送った後の2016年、移籍を決めていた中川は尊敬する小野秀二(当時東京Zヘッドコーチ)から直接誘いを受け、「すごくリップサービスしてくれて気分良くなっちゃった(笑)」と東京Zを選択。漠然と「40歳くらいまでは」と考えていたが、結局1シーズン半で引退を決断することになる。

「一言で言えば『電池が切れた』ということです。モチベーションを維持するのがきつかった。肉体的にはまだやれなくはなかったんですが、気持ちが先に切れてしまった。昔から嘘がつけない性格なのでいずれボロが出てバレるだろうと。ファンの皆さんの前で取り繕うのが一番苦痛になるんです。若い時はただ上手くなりたいだけで突き動かされたけど、今は例えばB1で優勝を目指すチームから必要とされるとか、誰かのためにとか、自分を奮い立たせるものがないと無理。そんな中途半端な奴がお金を貰っちゃダメでしょう。自分にとっての“プロフェッショナル”というところにも反してしまう。そこは譲れなかった」

1/2ページ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ