ここから本文です

スクロール360が茨城県に新物流拠点、2020年以降に物流の全国ネットワークを構築へ

9/4(火) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

通販支援事業を手がけるスクロール360は8月29日、茨城県つくばみらい市内に新たな物流センターを建設すると発表した。2020年4月の稼働をめざす。

新たな物流センターの建設は、スクロールグループが掲げた物流ネットワークの全国展開をめざす中期経営計画の一環。関東圏の物流サービスを強化するとともに、将来は中部エリア(SLC浜松西、SLC浜松、SLC磐田)や関西エリア(SLC関西)の拠点とシステム連携を図り、物流コストやリードタイムの最適化を推進するという。

つくばみらい市に建設する物流センターの名称は「スクロールロジスティクスセンターみらい(仮称)」。

地上5階建てで延床面積は約3万平方メートル。投資総額は建設用地や建物、物流設備などを合せて約60億円。

次のような設備と機能を予定している。

・保管効率を最大限に高めたストックエリア
・配送リードタイムを最短にするための当日入出荷クロスドックエリア
・EC受注問合せ処理やコールセンター機能を持たせたインテリジェントエリア
・定量データの管理・分析、画像分析による最適導線
・化粧品製造、ささげ(撮影、採寸、原稿作成)機能など

スクロール360はEC・通販のフルフィルメント・サービス・プロバイダーとして、物流、コンタクトセンター、決済サービス、システム構築などのサービスを提供している。

あなたにおすすめの記事