ここから本文です

関空、台風21号で滑走路閉鎖 駐機エリア冠水

9/4(火) 18:22配信

Aviation Wire

 9月4日に大阪湾を通過した強い台風21号の影響により、関西空港では滑走路を閉鎖している。午後7時の復旧を目指していたが、エプロン(駐機エリア)が冠水したことにより、復旧のめどが立っていない。

 関空を運営する関西エアポートによると、2本の滑走路を正午から閉鎖。午後7時の復旧を目指していた。復旧は午後7時以降にずれ込む見込みで、復旧のめどは未定だという。

 その後、第1ターミナルビル側のA滑走路とエプロンのうち、ほぼ全域が冠水。1ビルの地下従業員用エリアも浸水した。1ビルのうち、旅客エリアへの浸水はなく、第2ターミナルビルとB滑走路にも影響はないという。また、午後1時30分以降、1ビルの一部で停電も発生した。

 LCC用の2ビルへ向かうバスターミナルがある商業施設「エアロプラザ」では、2階休憩スペースのガラスが破損。利用客1人が腕に軽傷を負った。

 4日午後7時までに、航空各社合わせて198便で欠航や遅延が発生。復旧がずれ込むことで、今後、欠航・遅延便が増える可能性がある。

 関空への連絡橋は午後1時20分から閉鎖となり、乗り入れる鉄道も、JRと南海電鉄ともに運休。関空と神戸空港を結ぶ高速船「ベイシャトル」は、全便が欠航となっている。

 午後2時40分ごろには、連絡橋の南側にタンカーが衝突。乗務員11人にけがはなかったが、橋脚が損傷を受けている。

 伊丹空港では、一部の施設で損傷があったものの、空港機能には大きな影響はない。神戸空港は、空港施設と機能ともに大きな影響はないという。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/4(火) 22:23
Aviation Wire