ここから本文です

【海外競馬】凱旋門賞馬エネイブルはオールウェザーG3で復帰予定

9/4(火) 14:15配信

netkeiba.com

 昨年の凱旋門賞馬エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)は、膝に不安があったため今年は実戦から遠ざかっていたが、復帰戦として8日にイギリスのケンプトン競馬場で行われるセプテンバーS(G3・AW2400m)が予定されており、現在も出走の可能性は高いと伝えられている。その後は、連覇を狙い10月7日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)へ向かう意向。

 エネイブルは父Nathaniel、母Concentric、その父Sadler's Wellsという血統。昨年は英オークス、愛オークス、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、ヨークシャーオークス、そして日本馬サトノダイヤモンド・サトノノブレスも参戦した凱旋門賞とG1を5連勝し、カルティエ賞年度代表馬に輝いた。

最終更新:9/4(火) 14:15
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事