ここから本文です

【大学受験2019】入試倍率で見る医学部ランキング、私大1位は148.8倍

9/4(火) 15:45配信

リセマム

 「河合塾 医進塾」は2018年9月3日、医学部倍率ランキングを発表した。2018年度医学部医学科入試で倍率がもっとも高かったのは、金沢医科大学(後期)の148.8倍だった。

画像 河合塾 医進塾

 医学部倍率ランキングは、国公立大学(前期・後期)と私立大学(一般・センター利用)について、2018年度医学部医学科入試で倍率が高い上位10大学をまとめたもの。

 医学部倍率ランキングによると、国公立大学前期日程では、1位は「高知大学(地域枠)」13.0倍、2位は「岐阜大学」11.8倍、3位は「旭川医科大学」10.2倍だった。4位は「奈良県立医科大学」9.1倍、5位は「鳥取大学(一般枠+地域枠)」8.7倍。

 国公立大学後期日程では、1位「旭川医科大学」27.2倍、2位「佐賀大学」25.5倍、3位「岐阜大学」24.3倍、4位「千葉大学」18.4倍、5位「福井大学」17.9倍。

 私立大学一般入試では、1位「金沢医科大学(後期)」148.8倍、2位「関西医科大学(後期+静岡県地域枠後期+大阪府地域枠後期)」83.7倍、3位「近畿大学(後期)」74.7倍、4位「藤田保健衛生大学(後期)」66.3倍、5位「日本医科大学(後期)」60.2倍。

 「河合塾 医進塾」は、河合塾が発信する医学部入試・受験対策情報サイト。2019年4月入学予定者向けに「医学部入試情報2019」を掲載しており、「医学部入試結果分析2018」や「医学部入試変更点2019」「医学部志願者数増加率ランキング」「医学部偏差値一覧」「医学部ボーダーライン(入試難易度)一覧2018」などを紹介している。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:9/4(火) 15:45
リセマム