ここから本文です

ポルティモネンセへFC今治から新たな日本人選手が…中島翔哉との共演にも期待

9/4(火) 15:10配信

GOAL

JFLのFC今治が4日、長島滉大が日本代表MF中島翔哉擁するポルトガルのポルティモネンセへ期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2018年8月28日から2019年6月30日までとなる。

ポルティモネンセは昨シーズン、中島翔哉が新天地を求めたクラブ。欧州初挑戦にして、中島の10ゴール12アシストの活躍もあり、残留が目標のクラブでありながら、10位と健闘した。しかし、今季はここまで中島にゴールもなく、ポルティモネンセも17位と苦戦している。

そんな中、20歳の長島の期限付き移籍が決定。2016年からFC今治でプレーし、新天地ではU-23チームに在籍することとなるようだ。同選手は海外挑戦に際して「この大事な時期にチームを離れ、昇格の力になれないことを申し訳なく思います」としつつ、このように述べている。

「いろいろと言われるのは覚悟の上です。難しい挑戦だとわかっています。ただ一度きりの人生、後悔したくないと思い、挑戦させてもらうことになりました。いつか必ず成長した姿を見せられるように、そしてまた今治の力になれるように頑張ってきます!これからも応援よろしくお願いします!」

GOAL

最終更新:9/4(火) 15:10
GOAL