ここから本文です

牧野任祐のF2初優勝にチームも感銘「これでランド・ノリスと同じ勝利数。牧野はレースごとに成長している」

9/4(火) 18:58配信

motorsport.com 日本版

 FIA F2選手権のモンツァラウンド、レース1で勝利したのは、ロシアンタイムの牧野任祐だった。彼は多くのマシンがスーパーソフトタイヤを履いてスタートした中、ミディアムタイヤを装着。ライバルたちがタイヤのデグラデーションに苦しむ中、好ペースで飛ばし、14番グリッドからの大逆転勝利を収めた。

【動画】牧野任祐優勝! F2モンツァ:レース1ハイライト

 牧野にとって、今年はFIA F2での1年目。ルーキーイヤーである。

 経験が少ないながら進歩を遂げる牧野の走りに、ロシアンタイムのエンジニアであるジェフ・スピアは感銘を受けている。

 牧野は2014年に、スーパーFJに参戦し、四輪レースのキャリアをスタート。翌2015年にFIA F4の日本選手権に参戦した。彼の今季のチームメイトであるアルテム・マルケロフは、2014年にGP2(現FIA F2)のキャリアをスタート……つまり、ふたりのキャリアは大きく異なる。

 2016年の全日本F3を経て、牧野は2017年にF3欧州選手権に挑んだ。しかしシーズン前のテストに参加できず、シーズン途中には手首を骨折してしまい、充実したシーズンにすることはできなかった。

「彼はスタート直後から我々を驚かせた」

 そうスピアは語った。

「毎週末、我々はトップ10を目指している。彼は平均して11位になっている。我々は、彼の成長に本当に満足している」

「ほとんどのサーキットは、彼はあまり走っていない。ピレリタイヤを経験するのも今年が初めてだ。彼にとっては、学ぶことが非常に多い。しかし、彼はそれを掴んでいると思う。彼はレースごとに成長している」

 ロシアンタイムのチーフエンジニアであるギャビン・ジョーンズも、牧野の優勝を高く評価した。

「彼はここで最も経験が少ないルーキーだ。彼はユーロF3を1年経験しただけだし。プレシーズンテストも走っていない。さらに、手首に怪我も負った」

「彼のプライムタイヤでのラップタイムは、信じられないほどだった。彼は1分36秒台中盤で走っていた。他のドライバーたちは0.2~0.3秒速いだけで、しかもDRSを使っていた」

「彼は、ランド・ノリス(現カーリン/来季からはマクラーレンのドライバーとしてF1デビューすることが決定)と同じだけの数、レースで勝ったことになるんだ!」

 当の牧野は、ホンダに対して強い印象を与えること、そして予選のパフォーマンスを改善することが重要だと考えている。

「それ(ホンダを感動させること)は、本当に重要だと思います」

 牧野はモンツァでそう語った。

「ホンダの人々が、満足してくれることを願っています。しかし僕はこういう結果を続けていかなきゃいけません。そしてもっと安定させ、今シーズン中残りに期間ずっと、それを継続させていかなければいけないと思っています」

「もし予選がもっとよければ、ターン1はもっと楽になります。14位から優勝するのは、簡単ではないですからね」

Jack Benyon