ここから本文です

(患者を生きる:3628)スポーツ 1型糖尿病:2 自己管理、念願の再契約

9/4(火) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 23歳で1型糖尿病を発病したサッカー選手の杉山新さん(38)は2003年11月、所属していた山梨県のJ2ヴァンフォーレ甲府から戦力外通告を受けた。
 試合中に倒れたら困るだろうと、チームの判断は理解できたがショックだった。ただ、報酬のない「練習生」として3カ月間、練習に参加してもいいと言われた。
 後に、自分が山梨県立中央病院に入院中、当時の社長海野一幸(うみのかずゆき)さん(72)やトレーナーが、主治医の井上正晴さん(58)を訪ねて「彼はサッカーができますか」と尋ねていたと聞いた。井上さんは「正直、分からないけれど、チャンスはあげてほしい」と答えたという。…… 本文:917文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社