ここから本文です

<乃木坂46&けやき坂46>手塚治虫作品で舞台初共演 乃木坂・伊藤純奈とけやき坂・松田好花が主人公&ヒロインに

9/4(火) 19:48配信

まんたんウェブ

 人気アイドルグループの「乃木坂46」と「けやき坂46」が舞台「七色いんこ」で共演することが4日、分かった。両グループが舞台で共演するのは初めてで、主人公の七色いんこを演じるのは、乃木坂46の伊藤純奈さん、ヒロインは、けやき坂46の松田好花さんが務める。

【写真特集】ヒロインはけやき坂の京都美人! 笑顔も可愛い

 原作は、1981~83年に「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載された手塚治虫の同名マンガ。代役専門の天才役者にして泥棒という主人公の七色いんこと、いんこに恋心を抱きながらもしつこく追い回す女刑事の千里万里子の犯罪活劇で、世界を舞台に、数々の演劇を下敷きにしたストーリーが展開する。

 演出は、「Dance with Devils」シリーズを手掛けた三浦香さん、脚本は、人気マンガ原作のミュージカル「監獄学園 PRISON SCHOOL」や、人気スマホゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」の舞台化作品などを手がける畑雅文さんが担当する。

 公演は「AiiA 2.5 Theater Tokyo」(東京都渋谷区)で10月4~8日。チケットは9月22日から一般販売される。

最終更新:9/4(火) 19:53
まんたんウェブ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ