ここから本文です

オーソン・ウェルズの幻の遺作、40年以上の歳月を経て完成

9/4(火) 16:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] オーソン・ウェルズの幻の遺作が40年以上の歳月を経てついに完成したと、米Deadlineが報じている。

 カリスマ性のある若手俳優として知られていたウェルズは、弱冠25歳のときに脚本・監督・主演を手がけた「市民ケーン」(1941)を発表。映画史に残る大傑作と絶賛されたが、監督第2作「偉大なるアンバーソン家の人々」(42)や「黒い罠」(58)では監督を解雇されている。その後はメジャースタジオの支援を受けられず、自ら資金繰りに奔走しなければならなくなった経緯がある。映画監督としては天才だったウェルズも資金集めの能力には欠けていたため、映画の製作中に資金が尽きることは珍しくなく、遺作「The Other Side of the Wind(原題)」も銀行に差し押さえられていた。

 そんななか、米ストリーミング大手Netflixの協力を得て、この遺作がベネチア国際映画祭でお披露目されることになった。最大の功労者は、妻のキャスリーン・ケネディとともに「インディ・ジョーンズ」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ジュラシック・パーク」など、数多くのスティーブン・スピルバーグ監督作品を手がけた映画プロデューサーのフランク・マーシャルだ。

 1970年代にウェルズが「The Other Side of the Wind(原題)」の撮影を行っていた際、マーシャルはロケーションマネージャーとして同作に参加、その後、製作総指揮に出世していた。このほどNetflixの支援を得て、失われたフッテージの発掘や複雑な権利問題をクリアし、完成版を作り上げたという。同作は、ウェルズを題材にしたドキュメンタリー映画「They'll Love Me When I'm Dead」と同時上映で、ベネチアでお披露目されることになる。なお、Netflixは同作の世界配信を11月2日に予定している。

最終更新:9/4(火) 16:00
映画.com

あなたにおすすめの記事