ここから本文です

ナビタイムとパスコ、配送計画とナビ技術を連携 物流業界の課題解決を支援

9/4(火) 15:45配信

レスポンス

ナビタイムジャパンは9月4日、空間情報サービスのパスコと業務提携、ナビゲーションと配送計画の技術を連携し、物流業界の課題解決を支援すると発表した。

[関連写真]

インターネット通販の拡大や商品流通の迅速化に伴い、物流は、複雑化・高頻度化の一途にある。しかし物流業界では、「労働人口の減少・高齢化」「労働時間の適正化」「温室効果ガスの排出抑制」など課題も多い。これらの課題解決には、熟練技能者の経験に依存している現状を打開し、ICTの活用により、スピードと多様化の要求に応える「徹底した効率化」が求められている。

今回の業務提携では、パスコの「ロジスター配車管理簿」とナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」を連携。高度な配送計画からナビゲーションまでをワンストップで提供する。

具体的には、ロジスター配車管理簿で、複数の荷物・車両・配送先、容積の異なる荷物・車両など、複雑な条件を高速で計算処理し、最適な車両数と配送先・配送順を高い精度で提供する。このデータをビジネスナビタイム動態管理ソリューションに転送。ドライバーは配送情報からワンタップでナビゲーションを開始、渋滞情報や規制情報など配送当日の道路状況に即したカーナビゲーションを活用できる。各車両の輸配送状況はパソコン画面で確認できるため、荷主や配送先からの問合せにも迅速に対応可能。また、メッセージの送受信機能でドライバーへの指示や会社への報告などもスマートフォンとパソコンで行うことができる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/4(火) 15:45
レスポンス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ