ここから本文です

VWグループ、新取締役を任命…ZF前CEOのゾンマー氏

9/4(火) 16:15配信

レスポンス

フォルクスワーゲングループは9月1日、シュテファン・ゾンマー氏を2019年1月1日付けで、グループの取締役に任命すると発表した。

シュテファン・ゾンマー氏の前職は、ZFのCEO。同氏は2012年からの5年間、ZFを率いてきた。この間、ZFはTRWと経営統合を行い、世界有数のメガサプライヤーになるなど、ZFを成長に導いてきた。

ゾンマー氏は2017年12月、ZFのCEOを退任。フォルクスワーゲングループは2019年1月1日付けで、同氏をグループの調達担当の取締役に任命することを決定している。

シュテファン・ゾンマー氏は1993年、開発エンジニアとしてキャリアを開始。1997年、コンチネンタルに移り、エレクトロニクスやセンサーの開発ディレクターを担当。その後、ZFで副会長などの要職を務めている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/4(火) 16:15
レスポンス

あなたにおすすめの記事