ここから本文です

【ノア】杉浦が森嶋に激怒「失礼にも程がある!」

9/4(火) 16:45配信

東スポWeb

 俺は許さない。ノアのGHCヘビー級王者・杉浦貴(48)が3日、約3年半ぶりに復活する森嶋猛(39)に不快感をあらわにした。

 森嶋復帰戦「GENESIS」(10月15日、東京・後楽園ホール)で相手を務めることが正式発表され「復帰戦をそのまま引退試合にしてやる。いろいろあるけどさ、勝手に丸藤正道の20周年大会で自分の興行を宣伝して。失礼にも程がある!」と吐き捨てた。

 森嶋は1日の両国大会にテレビ解説のため来場。だが杉浦が登場する直前に意味不明のマイクパフォーマンスをしてから「GENESIS」のTシャツを脱ぐと、かつてのユニット「超危暴軍」の仲間だった拳王に「杉浦に渡してくれ」と託す形で対戦を要求した。だが、一連の行動について杉浦の怒りが爆発した。

「マイクは何言ってるか分からないし、拳王を本名(中栄大輔)で呼ぶし、Tシャツ脱いだら体はブヨブヨだし。そもそも(杉浦と対立する)拳王に渡す時点で今のノアを何も分かってない。それも失礼な話。彼の中で時間が止まってるのかもしれないけど、時代は変わったから」

 本紙既報通り、もともと森嶋サイドから8月初旬にオファーが届き、杉浦自身も「迷ったけど、同じ日にノアの大会がなかった」ため了承した。だが2015年に森嶋が退団した経緯を疑問視したノア側が回答を保留している間、同日にノア大阪・世界館大会が決定。結果的に王者がノアの興行を休んで他興行に出場することになり「申し訳ないです」と謝罪する事態になった。

 当初は復帰を祝う気持ちもあったが、今は違う。「あんなことされたらそれも変わるだろ! そもそもあの体で試合ができるのか!?」。怒らせてはいけない人を怒らせてしまった森嶋が、無事にリングを下りられる可能性は極めて低くなった。

最終更新:9/4(火) 16:48
東スポWeb