ここから本文です

【W-1】芦野VS征矢の再戦は完全決着ルール

9/4(火) 16:45配信

東スポWeb

 W―1は3日、29日のエディオンアリーナ大阪第2競技場大会でW―1チャンピオンシップを開催すると発表した。

 2日横浜大会の再戦で、約半年ぶりの王座返り咲きを果たした芦野祥太郎(28)が、初防衛戦で前王者の征矢学(33)を迎え撃つ。芦野は「(アンクルロックによる)レフェリーストップという形で勝ったけど、次は必ずタップさせて勝つ。ルール? レフェリーストップはなしで。じゃないと、もう一回やらないといけなくなる」と提案。征矢も完全決着ルールでの対戦に同意した。

 またCIMA率いる「ストロングハーツ」とのイリミネーションマッチで左脚を負傷した黒潮“イケメン”二郎(25)は、左ヒザの後十字靱帯と内側靱帯の損傷で全治3か月と診断され、当面の欠場が決まった。

最終更新:9/4(火) 16:48
東スポWeb

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ