ここから本文です

【WWE】テイカー電撃登場 マイケルズに「トリプルHを葬る」と宣言

9/4(火) 18:04配信

東スポWeb

【オハイオ州コロンバス3日(日本時間4日)発】WWE・ロウ大会に“怪人”ジ・アンダーテイカーが、サプライズ登場した。

 テイカーは10月6日にオーストラリア・メルボルンで開催されるPPV「スーパー・ショーダウン」で、“ザ・ゲーム”トリプルH(49)と「最後の対決」として一騎打ちを行うことが決まっている。

 両雄は2011、12年と2年連続で祭典「レッスルマニア」で激突。特に12年大会ではレフェリーを2人と関わりが深い“HBK”ショーン・マイケルズ(53)が務め、天井付き金網マッチ「ヘル・イン・ア・セル」でプロレス史上に残る大死闘を展開した(2戦ともテイカーの勝利)。

 この日はそのマイケルズがリングに登場。メルボルン決戦に向けて「トリプルHが勝つだろう。知的な暗殺者だからな」と盟友の勝利を予想した。ここで鐘の音が鳴り響き、テイカーが電撃登場だ。

 かつて怪人は祭典でHBKとも2度の激闘を繰り広げ、引退に追い込んでいる。テイカーがそのことに触れると、会場からはHBKの復帰を求めるコールが起きたが、マイケルズは「俺はリスペクトを表すためにリングには復帰しない」と明言。

 しかし、テイカーは「それはリスペクトなのか? それとも怖いのか? もしお前が復帰するならまた倒してやる。そしてメルボルンではお前の友、トリプルHを葬ってやる…」と言い放ってリングを下りた。

 テイカーVSトリプルHの「最後の戦い」に注目が集まる中、まさかのHBK復帰はあるのか?

最終更新:9/4(火) 18:27
東スポWeb