ここから本文です

「枝葉のこと」二ノ宮隆太郎の新作「お嬢ちゃん」支援者を募集、主演は萩原みのり

9/4(火) 14:04配信

映画ナタリー

「枝葉のこと」で知られる二ノ宮隆太郎の最新作「お嬢ちゃん(仮題)」。同作の製作資金を募るクラウドファンディングが、MotionGalleryにて行われている。

【写真】萩原みのり(メディアギャラリー他1件)

「魅力の人間」でPFFアワード2012準グランプリを獲得し、その後、自身が監督と主演を務めた「枝葉のこと」で第70回ロカルノ国際映画祭、第47回ロッテルダム国際映画祭に参加した二ノ宮。俳優としても今泉力哉「サッドティー」、豊島圭介「森山中教習所」「ヒーローマニア-生活-」、いまおかしんじ「闇金ぐれんたい」などに出演している。

「カメラを止めるな!」で知られるENBUゼミナールシネマプロジェクトの第8弾として製作される「お嬢ちゃん」。本作では神奈川県鎌倉市に暮らす21歳の女性みのりを主人公に、彼女の一見普通に見えて普通ではない生き方が描かれる。「ハローグッバイ」の萩原みのりがみのり役に抜擢された。二ノ宮は「この映画の話を考えた時、主演をお願いしたい方は萩原みのりさんだけでした。彼女が駄目だったら一から違う脚本を書いていました。アイドルみたいな可愛らしい見た目の萩原さんですが、ちょっと他の若い女優さんと違うと思っています。今回の作品でそれを表現しようと思っています」とコメントしている。

クラウドファンディングではスタッフ、キャストの人件費やポストプロダクション費用、映画祭へのエントリー資金、宣伝費用を募集。リターンには完成作品のDVDやチケット、萩原のサイン入りポスターや台本、エンドクレジットへの氏名掲載などが用意された。目標金額は150万円。10月15日まで支援者を募っている。

「お嬢ちゃん」は11月中旬以降に行われるシネマプロジェクトのイベントでお披露目される予定だ。萩原のほか土手理恵子、岬ミレホ、結城さなえ、廣瀬祐樹、伊藤慶徳、寺林弘達、桜まゆみ、植田萌、柴山美保、高岡晃太郎、遠藤隆太、大津尋葵、はぎの一、三好悠生、大石将弘、鶴田翔、永井ちひろ、高石舞、島津志織、秋田ようこ、中澤梓佐、カナメ、佐藤一輝、中山求一郎、松木大輔、水沢有礼、高橋雄祐がキャストに名を連ねている。

■ 二ノ宮隆太郎 コメント
監督の二ノ宮隆太郎と申します。

今回作る映画は、神奈川県鎌倉市に住む一人の若い女性の日常を映す作品になります。

この映画の話を考えた時、主演をお願いしたい方は萩原みのりさんだけでした。彼女が駄目だったら一から違う脚本を書いていました。アイドルみたいな可愛らしい見た目の萩原さんですが、ちょっと他の若い女優さんと違うと思っています。今回の作品でそれを表現しようと思っています。

萩原さんをはじめ、出演していただく方は全員魅力的な方にお願いしています。ただただ、この映画に出てくる人間を観ていただきたいです。

一緒に作るスタッフは、自分が最も信頼する方々です。

正直、何も不安はないです。

今までに無い、独創的な日本映画を作れると思っています。

絶対に作ります。

どうか応援していただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

最終更新:9/4(火) 14:04
映画ナタリー