ここから本文です

[韓流]2PMがデビュー10周年「ファンの誇りになる」

9/4(火) 17:10配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、2PMが4日、デビュー10周年を迎えた。

 メンバーのジュノはあっという間の10年だったと振り返った。「これまで本当に多くのことがあった。生まれて初めてもらった1位のトロフィーや大賞、初コンサート、俳優としての新たなスタートなど喜怒哀楽を分かち合いながらここまできた」とコメントし、ファンに対し感謝の気持ちを伝えた。ファンにとって誇らしい堂々としたアーティストになると約束した。

 デビュー10周年を記念し、所属事務所のJYPエンターテインメントは同日からソウルで展示会「2PM 10th Anniversary:10回の季節」を開催している。

 展示会は23日までで、会場には2PMのデビューから今日に至るまでの記録ともいえるアルバム、衣装、映像、写真などが展示され、ファンが直接参加できるコーナーもある。

 東京でも1~2日にデビュー10周年記念イベント「2PM 10th Anniversary Hottest Day 2018」が開かれ、多くのファンが会場に足を運んだ。タワーレコード渋谷店では「2PM 10th Anniversary」キャンペーンが行われた。

 2008年9月4日にデビューした2PMは「10 out of 10」「Only you」「Heartbeat」「Hands Up」など数多くのヒット曲を出した。

 また、経営状況が悪化したときのJYPエンターテインメントを支えた立役者でもある。2010年代初め、2PMはハードな海外ツアーのスケジュールをこなし、ファンから同情の声が上がったが、事務所を守り抜いた。

 その後、JYPエンターテインメントはGOT7(ガットセブン)、TWICE(トゥワイス)などのグループを育て、先月29日には株式時価総額で同業のSMエンタテインメントを初めて上回った。

 2PMのメンバー6人のうち、Jun.K(ジュンケイ)、ニックン、ウヨン、ジュノ、チャンソンの5人は今年1月、JYPエンターテインメントと専属契約を更新した。俳優としても活動するテギョンは、俳優ソ・ジソブが所属する51Kと専属契約を結んだが、2PMとしての活動のマネジメントはJYPエンターテインメントが担当する。

最終更新:9/4(火) 17:17
聯合ニュース