ここから本文です

95歳の英国人男性、潜水の世界最高齢記録を更新

9/4(火) 14:31配信

ロイター

[ラルナカ(キプロス) 1日 ロイター] - 第二次大戦の退役軍人である95歳の英国人男性が1日、キプロス沖で沈没船見学のため潜水し、スキューバダイビング世界最高齢の自己記録を更新した。

記録を打ち立てたのは、8月28日に95歳になったレイ・ウーリーさん。現在はキプロス在住で、すでに現役最高齢の男性スキューバダイバーの記録を保持している。

ウーリーさんは1日、水深40.6メートルを44分間潜水。94歳で打ち立てた水深38.1メートル、41分の自己記録を破った。

ウーリーさんらが潜水したのは、ラルナカ沖2キロの海域で、ここには1980年の処女航海でトラックを積んだまま沈没したゼノビア号が眠る。船体にはまだ90台余りのトラックが鎖でつながれており、年間6万人前後が訪れる人気ダイビングスポットとなっている。

ウーリーさんは、1982年に潜水した際、初めてゼノビア号を見たという。

最終更新:9/4(火) 14:34
ロイター