ここから本文です

“ビットコイン長者”が仮想通貨初心者に指南 「5年間は持っておけ」

9/4(火) 15:32配信

ITmedia ビジネスオンライン

 「ボラティリティの高さに惑わされることなく、5年間は仮想通貨を保有するべきだ」――。米仮想通貨取引所BitInstantの創設者で、数百万ドル相当のビットコインを持つとうわさされるチャーリー・シュリム氏は、8月に米国内で行われた講演会で、仮想通貨投資初心者に向けてこんなアドバイスをした。CCNが報じた。

【画像:瞑想好きのチャーリー・シュリム氏=Mediumより】

 シュリム氏は、自身が創設した取引所でマネーロンダリングを行った疑いで逮捕され、2年間服役した異色の経歴を持つ“ビットコイン長者”だ。

 同氏は講演会で「ブルマーケット(強気相場)とベアマーケット(弱気相場)が2年サイクルであることなどを踏まえると、(投資初心者は)5年間は仮想通貨を保有すべきだ」と説明。

 また「仮想通貨は90%も値下がりしたかと思えば、その後すぐに100%値上がりすることもある。予想不可能なものと理解した上で投資に臨むべきだ」と指南した。

 始め方については、「まずは失ってもいい金額から投資を始め、楽しみながら学ぶ程度に抑えること。ビットコインやイーサリアム、ダッシュ、ライトコインなどから始めて、違いを学ぶといい」と、楽しみながら学ぶことが重要だと助言した。

ビットコインETFは一度きりのチャンス。

 シュリム氏は、今後の仮想通貨市場に大きな影響を与えるとして注目されている、米証券取引委員会(SEC)のビットコインETF(上場投資信託)承認についても言及。「2019年には承認されるはずだが、承認された後が重要になる」と警告した。

 「ビットコインETFを建設的に運用できることを証明できなければ、SECは承認したビットコインETFをすぐに閉鎖する可能性がある。一度閉鎖されたものを復活させるのは難しい」(シュリム氏)という。

 承認後の運用の継続性については、「“最初の一手”が鍵になる」と強調。「トラブルなどは必ず発生するものだ。それにどう対処するかが注目される」と指摘した。

ITmedia ビジネスオンライン