ここから本文です

大迫傑ハーフマラソン日本歴代9位「しれっと自己ベストでした」

9/4(火) 12:13配信

スポーツ報知

 男子マラソン日本歴代7位の大迫傑(27)=ナイキ=が4日、レイバー・デイ・ハーフマラソン(米・ワシントン州)に出場し、日本歴代9位となる1時間1分1秒で優勝した。2位は鎧坂哲哉(28)=旭化成=で1時間4分17秒。

 レース後、大迫はツイッターで「しれっと自己ベストでした。今のところトレーニング順調。」(原文まま)と投稿。シカゴマラソン(10月7日)に出場予定で、2時間5分台のペースメーカーらと日本記録更新を狙う。16年リオ五輪銅メダルのゲーレン・ラップ(32)や五輪2大会連続2冠のモハメド・ファラー(35)らも参戦を表明しており、日本からは川内優輝(31)=埼玉県庁=らも出場する。

最終更新:9/4(火) 19:25
スポーツ報知