ここから本文です

生きとったんかワレ! 伝説のゲームキャラ「オプーナ」がなぜか突然Twitter開始

9/4(火) 22:06配信

ねとらぼ

 2007年にコーエー(現コーエーテクモゲームス)から発売された、伝説的RPG「オプーナ」。その主人公、オプーナのTwitterアカウントがなぜか今ごろオプーンし、ゲームファンを困惑させています。一体何が始まるんです……?

【画像:有名なアスキーアート】

 記念すべき第一声は「地球の皆さん こんにちは。ボクの名前は オプーナです」。ツイートでは地球のファンに向けて、初めてゲームが発売された2007年を振り返りつつ、あれから約10年が経過し13歳になったことを報告しています(ティティア星人は地球時間だと約10年で1歳年をとる計算とのこと)。

 公認マークなどはついていませんが、開発元であるアルテピアッツァのTwitterでもリツイートしていることから、ファンアカウントという可能性は低そう。オプーナと言えば2017年に、コーエーテクモゲームスの「無双☆スターズ」に参戦し話題になりましたが、当時は発売前のティーザー映像に数秒映っただけで(しかもシルエットで)ネット上が大騒ぎになったほどでした。もしかしたら今回のTwitter開設もなにかの前触れ……?

 今やネット上では「オプーナを買う権利をやろう」などのスラングやアスキーアート(AA)の方が有名な気がしなくもないオプーナですが、久々の“本家”の復活に、Twitterでは「生きとったんかワレ!」といった温かい声や、「オプーナ復活フラグ来た!」「リマスターされるフラグ……!?」など、今後の展開に期待する声などがみられました。

ねとらぼ

最終更新:9/4(火) 22:06
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ