ここから本文です

水谷千重子、“第2の故郷”名古屋でツアー開幕!森昌子らとジョインした豪華な一夜

9/4(火) 19:24配信

お笑いナタリー

9月2日、水谷千重子の全国ツアー「水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2018」が愛知・名古屋国際会議場 セレモニーホールにて開幕した。

【写真】ゲストのPUFFYとジョインする水谷千重子(左)。(メディアギャラリー他3件)

芸能生活50周年を迎えた水谷千重子が、自身最大規模となる全国6カ所で歌を届けるこのツアー。八公太郎、倉たけし、六条たかやといった、作詞家・二葉菖仁ファミリーの悪友たちを迎えるほか、豪華ゲストと”ジョイン”する特別なプログラムを各会場ごとに用意している。

その初日を飾る本公演。幕が上がったステージ上にバックバンドを従えた千重子が姿を現すと、会場のボルテージは一気に上昇する。「千重子ー!」「かわいい!」「料理が上手そう!」などの歓声に千重子は笑顔で応え、「着物がきれい」の声には「よくぞ気づいた」といった表情でこの日下ろしたという7匹のヨークシャテリアが目を引くきらびやかな衣装をくるりとまわって披露。「やっぱり名古屋のパワーはすごい。ツアーの初日は絶対名古屋って言っているんです。いつも一番早く(チケットが)売れるから。お金持ってる人が多いってこと?(笑) いやいや、本当に名古屋を第2の故郷だと思っています」と冗談交じりで感謝を述べ、六条たかやを呼び込んで一緒にタイトルコールした。

1組目のゲストPUFFYとジョインした千重子は、「すごく動き回るから、2人。疲れました(笑)」とPUFFYのエネルギッシュなパフォーマンスに刺激を受けた様子。続いて最新アルバム「ジョインがお好きでしょ」から二葉マッキー敬之提供の「愛が冷めたわけじゃないの」と、台湾観光キャンペーンソング「カラフル」を軽やかに歌い、会場を明るいムードに包み込む。

ナオト・インティライミとは「今のキミを忘れない」を歌唱。「親の世代から千重子先生の大ファン。ご一緒できて光栄です」と感激するナオトに、千重子は「テニスでは前衛でした。バカ言ってる!」と返して笑いを誘う。最初からステージを鑑賞していたというナオトは「間近で聞けた!」と千重子の”生バカ言ってる”に大喜びで、「オープニングからバカ言ってましたね」と目をキラキラさせてトーク。千重子のリクエストで披露した「あの素晴らしい愛をもう一度」では、千重子のエッセンスをアドリブで盛り込み「好きになっちゃう。ホテルの部屋番号、何番?」と千重子を虜にしてみせる。

3年後輩だという森昌子は名曲「せんせい」で千重子とジョインし、合間のトークでは絶妙な掛け合いで観客を笑わせた。「(千重子)先生と『せんせい』を歌えるなんて光栄です」と伝えた森は、千重子に「本当?」と聞き返され「ちょっと思ってます」と答えたり、千重子へのリスペクトを述べたあと「こうなっちゃいけないなって思います、いい意味で」と余計な一言を付け加えたりして「いい加減にしなさいよ?(笑)」と千重子の怒りを買う。そんな2人のやり取りで和んだ会場も森による「越冬つばめ」でガラッとムードが変わり、観客は彼女の歌声に聞き入った。

森を送り出したあと、生バンドとのパワフルなパフォーマンスでラストまで駆け抜けた千重子は、観客たちと「またこのメンバーでお会いしましょう! アイウィルビーバック!」と再会を約束する。アンコールにも応えてラスト1曲を披露し、最後は恒例の豆富開きで締めくくり。大歓声に包まれる中、約3時間のステージに幕が下りた。

■ 水谷千重子キーポンシャイニング歌謡祭2018
福岡公演
日時:2018年9月9日(日)16:15開場 17:00開演
会場:福岡サンパレスホテル&ホール
ゲスト:中村雅俊 / 根本要 / PUFFY / 八公太郎 / 倉たけし

東京公演
日時:2018年9月14日(金)17:45開場 18:30開演
会場:中野サンプラザ
ゲスト:根本要 / 椎名恵 / 一青窈 / 八公太郎 / 倉たけし / 六条たかや

大阪公演
日時:2018年10月3日(水)17:45開場 18:30開演
会場:オリックス劇場
ゲスト:杉山清貴 / 香西かおり / 大黒摩季 / 八公太郎

宮城公演
日時:2018年10月7日(日)16:00開場 16:30開演
会場:仙台サンプラザホール
ゲスト:PUFFY / Kiroro / Crystal Kay / 山崎育三郎 / 八公太郎

愛媛公演
日時:2018年10月16日(火)17:45開場 18:30開演
会場:松山市民会館
ゲスト:稲垣潤一 / 中山美穂 / 岸谷香 / 八公太郎 / 倉たけし

最終更新:9/4(火) 19:24
お笑いナタリー

あなたにおすすめの記事