ここから本文です

U18 ノーノー継投で六回コールド勝ち スーパーラウンド進出決定

9/4(火) 19:59配信

デイリースポーツ

 「U18アジア選手権、日本15-0スリランカ」(4日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

 日本が2戦連続のコールド勝ちで、スーパーラウンド進出を決めた。浦和学院・渡辺勇太朗、高岡商・山田龍聖、星稜・奥川恭伸の3投手の継投で、六回参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。

 先発した渡辺は、3回を無安打無失点6奪三振1四球。2番手の山田は2回無安打無失点4奪三振、奥川は1回無失点3奪三振だった。許した走者は渡辺が与えた四球のひとりだけだった。

 打線は一回、奈良間大己(常葉大菊川)の犠飛で先制。さらに藤原恭大(大阪桐蔭)、野尻幸輝(木更津総合)の適時打などで4点をリードした。

 三回には蛭間拓哉(浦和学院)が左中間を深々と破る2点二塁打。根来龍真(常葉大菊川)の中前適時打で、3点を追加した。

 四回は奈良間、野尻の適時打などで5点を追加。五回は藤原の適時打、六回は小園の2点三塁打でリードを広げ、15-0とした。

 5日の第3戦は、同じく2連勝の韓国と対戦する。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(水) 17:20