ここから本文です

阪神、4番・糸井が勝ち越しタイムリー 六回に均衡破る

9/4(火) 20:16配信

デイリースポーツ

 「広島-阪神」(4日、マツダスタジアム)

 阪神の4番・糸井が同点の六回、勝ち越しの右前適時打を放った。

 先頭の糸原が中前打で出塁。北條が犠打で送って1死二塁を作った。続く福留は一ゴロに倒れたが、4番がバットで魅せた。2番手のアドゥワに対して1ストライクから2球目。2球続けた内角球をはじき返した。

 二回には、1死二、三塁からメッセンジャーの一ゴロで先制。四回には1死二、三塁から一塁・松山の悪送球で2点を奪っていた。ただ、勝負所であと1本が出ていなかっただけに、糸井が待望のタイムリーをたたき出した。

 2試合連続安打。これで14試合連続出塁と、4番が奮闘を続けている。

スポーツナビ 野球情報