ここから本文です

連勝のB.デシャンボーが1位、松山英樹は28位/FedExランキング

9/4(火) 17:40配信

my caddie

 プレーオフシリーズの第2戦 デル・テクノロジーズ選手権終了後に、FedExランキングが更新された。

【最新】フェデックスランキング TOP150

 同大会4位タイの松山英樹は前週58位から28位に浮上。第3戦のBMW選手権(6~9日/ペンシルベニア州/アロニミンクGC)の成績次第で、FedExランキング上位30人が進出する最終戦のツアー選手権(20~23日/ジョージア州/イースト・レイクGC)に出場できるかが決まる。年間王者に輝けばボーナスの1,000万ドル(約11億円)が手に入る。

 1位はプレーオフ連勝のブライソン・デシャンボー(米)。2位にダスティン・ジョンソン、3位にジャスティン・ローズ(英)、4位にトニー・フィナウ(米)、5位にジャスティン・トーマス(米)が続く。

 ブルックス・ケプカ(米)は6位、フィル・ミケルソン(米)は9位、ローリー・マキロイ(北アイルランド)は24位、タイガー・ウッズ(米)は25位につけている。

最終更新:9/4(火) 17:42
my caddie