ここから本文です

台風21号 近畿、四国で記録的な潮位 高潮に警戒

9/4(火) 13:27配信

ウェザーニュース

 台風21号が接近・通過中の近畿や四国では高潮が発生し、潮位が高くなっています。

過去最高潮位を超えた地点も

 徳島県や和歌山県では通常時よりも1m~1.5mほど潮位が高く、徳島県や和歌山県では過去最高潮位を上回ったところもあります。

 気象台は大阪府や阪神と淡路島、和歌山県北部の沿岸部及び河口付近を中心に、過去の最高潮位を上回る極めて危険な状況となっているとして、安全確保を呼びかけました。

 台風の北上に伴い、大阪湾や播磨灘の潮位も上がってくる見込みです。
 神戸ではすでに通常を20cm以上、上回る潮位となっており、台風の接近時は最大で通常を2m程度上回る恐れがあります。

 また、午後に満潮時刻となるため、より一層高潮が発生しやすい状況になります。
 浸水被害に対して厳重な警戒が必要です。

吹き寄せ効果と吸い寄せ効果

 台風が接近する際、「吸い上げ効果」と「吹き寄せ効果」により、高潮被害が発生する恐れがあります。

 【吸い上げ効果】
 台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がる現象。外洋では気圧が1hPa低いと海面が約1cm上昇するといわれています。

 【吹き寄せ効果】
 海水が風によって海岸に吹き寄せられて海面が上昇すること。特にV字形の湾では、奥へ狭まる地形によって海面上昇が助長させるため、特に海面が高くなります。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事