ここから本文です

【映像】リオの国立博物館から出火 2000万点超の収蔵品焼失か

9/4(火) 11:57配信

AP通信

リオデジャネイロ、ブラジル、9月4日(AP)― 南米ブラジルのリオデジャネイロで9月2日夜、200年の歴史を誇る国立博物館から出火、燃え上がる炎が夜空を赤く染めた。
 消防車数十台が出動して消火活動に当たったが、火の勢いは強く、100室以上ある展示室に延焼。この火災で、いまのところ負傷者は報告されていない。
 市の北東部にあるリオデジャネイロ連邦大学に併設されている同博物館には、エジプトやグレコ・ローマン時代の美術品、最初にブラジルで発掘された化石など2000万点以上が収められていた。
 同博物館によれば、閉館後の現地時間午後7時30分ごろに出火したが、原因は不明だという。
 同国のミシェル・テメル大統領は「今日はブラジル国民にとって悲劇の日だ」との声明を発表、「200年にわたる調査の成果と知識が失われた」と述べた。
 原油価格の下落と怠慢な財政管理、大規模な腐敗などの要因で、近年ブラジル経済は低迷。特にリオはここ数年、経済的に大きな打撃を受けており、同博物館も例外ではなく、慢性的な予算不足に喘(あえ)いでいたといわれている。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:9/4(火) 11:57
AP通信

あわせて読みたい