ここから本文です

田中将大投手のもっとも新しいチームメイトは、ヤンキースが大好きな元MVP

9/4(火) 17:02配信

J SPORTS

 ウェイバー公示を経てトレードが行われるウェイバー・トレードは、8月31日までに取引が成立した選手のみにプレーオフへの出場資格が与えられるため、7月末のノンウェイバー・トレード期限ほどではないにしろ、それなりにいろんなドラマが生まれる。

 ご記憶の方も多いと思うが、昨季はタイガースで2度のノーヒッターを成し遂げ、2011年にはサイヤング賞とア・リーグMVPの同時受賞をしたジャスティン・バーランダー投手がアストロズに移籍した。

 当時のアストロズはすでにペナントレース=ア・リーグ西地区を独走中だったものの、バーランダーは移籍後、5勝無敗、防御率1.06と圧倒的な数字を残し、ヤンキースとのア・リーグ優勝決定シリーズでは第2戦の完投勝利を含む2勝無敗、防御率0.56でチーム史上初のワールドシリーズ進出、さらに初優勝に貢献した

 そういう選手は過去にも何人かいる。

 たとえば2004年の8月にロッキーズからカージナルスに移籍して、プレーオフで6本塁打11打点を記録してチームのワールドシリーズ進出に貢献したラリー・ウォーカー外野手。

 たとえば1987年の8月にブレーブスからタイガースに移籍後、11試合に登板して9勝無敗、防御率1.53と「助っ人」効果を発揮してチームを地区優勝に導いたドイル・アレクサンダー投手……等々。

 今年はブルージェイズの2013年のア・リーグMVPジョッシュ・ドナルドソン三塁手がインディアンスへ

 フィリーズ時代にワールドシリーズ優勝を果たしているナショナルズの救援ライアン・マッドソン投手がドジャースへ。

 ナショナルズのダニエル・マーフィー内野手が、かつてナ・リーグ優勝決定シリーズで4本塁打6打点と打ちまくって同シリーズMVPを獲得した時の対戦相手カブスへ。

 通算325セーブ(現地9月1日)を挙げているツインズの救援フェルナンド・ロドニー投手がアスレチックスへ。

 そしてパイレーツ時代の2013年、ナ・リーグMVPに輝いたジャイアンツのアンドリュー・マカッチェン外野手がヤンキースへ移籍した。

1/2ページ

最終更新:9/4(火) 17:02
J SPORTS

あなたにおすすめの記事