ここから本文です

阿部祐二リポーター、台風影響で舞台あいさつ欠席 大阪から移動できず【動画付き】

9/4(火) 16:52配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 日本テレビ系『スッキリ!』(月~金 前8:00)でリポーターを務める阿部祐二氏が4日、出席予定だった映画『single mom 優しい家族。a sweet family』(10月6日公開)の舞台あいさつを台風21号の影響で欠席した。

 冒頭で司会から阿部氏について「台風の影響で大阪からの移動ができずに本日は急きょ欠席となってしまいました。楽しみにしていただきましたが、大変、申し訳ございません」と説明が行われた。

 松本和巳監督は「8時45分に『スッキリ』を見ていたんです。(阿部氏が出演していたため)『なんで大阪いるの?』みたいな感じに(笑)。『確か、きょう、この仕事だよね』って思って、こちらに来たら台風で来れませんって。阿部さんにテレビ通話したら(台風中継風に)『台風で行けませ~ん』みたいな感じで一生懸命やってた」と冗談交じりにトークし「阿部さんからも『きょうはお会いしたかった』という伝言は預かっています。この映画にかける思いは強く持っていたので」と明かしていた。

 関係者によると午前11時45分からの舞台あいさつに向け、飛行機以外にもさまざまな手段で移動しようとプランを練ったが、午前10時でタイムリミットに。阿部氏の事務所から無念の欠席の連絡が来たという。

 ただ、飛行機は災難だけでなく、同作には幸運も運んでいた。ニセコで撮影が行われているが、その経緯について松本監督は「たまたま映画の会合があって、終わって打ち上げに行った。そしたら、たまたま飛行機が飛ばなくなったニセコの町長が僕の横に座っていた。ニセコの町長と知らない中で『今度、シングルマザーの映画を撮るんですよ』って言った。そしたら『今度、ニセコに来てごらんよ』って」と回想。いざ、ニセコに降り立つと「町長が1番、最初に『有島武郎記念館に行ってくれ』と言われた」そう。そこで有島の映画を見て、有島が持っていた助け合いの精神に感動。「もう、ここで撮るしかない」と、ほぼロケ地を即決したことを振り返った。

 松本監督は「飛行機飛ばなくて、隣の人が町長なんてありえない話」と奇跡的な偶然に感謝しつつ「飛行機飛ばなくて、きょう来てない人もいますけど」と笑わせた。最後も「作っているだろと思われるかもしれないけど、本当の話」ときっぱり言い切っていた。

 同作は「一般社団法人 日本シングルマザー支援協会」が後援。北海道・ニセコに住むシングルマザー・空愛美(内山理名)は娘のエミリー(長谷川葉音)と二人暮らし。愛美の母もシングルマザーという境遇で、仕事も決まらず、貯金を切り崩しながら、惨めな生活を送っている。押しつぶされそうな不安を抱えながらも、さまざまな人との出会いが愛美を少しづつ変えていく。そして、あることをキッカケにすっかり忘れていた母との思い出が蘇り、愛美は初めて母の想いを知ることになる…。

 舞台あいさつには内山理名、長谷川葉音も参加した。

最終更新:9/4(火) 16:52
オリコン

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ