ここから本文です

富山駅南北接続路面電車 運行は富山地鉄で一元化/富山

9/4(火) 20:28配信

チューリップテレビ

 富山駅周辺で進められている富山地方鉄道と富山ライトレールの路面電車の南北接続事業について2020年春に事業が完了して以降、路面電車の運行は富山地方鉄道に一元化して行うことになりました。

 これは森富山市長が富山市議会9月定例会の中で明らかにしたものです。
 富山市と、富山駅南側の路面電車を運行する富山地方鉄道、駅北側のポートラムを運行する富山ライトレールは、3者で南北接続後の運行形態などに関して協議を進めていて電車の運行を富山地方鉄道に一元化することで合意に達したということです。
 またサービスや運営効率の向上を目的に富山地方鉄道を存続会社にすることを前提に富山地方鉄道と富山ライトレールは会社組織として合併に向けて今後検討、協議するとしています。
 富山市は南北接続後の運賃や運行形態について国と協議して進めていきたいとしています。

チューリップテレビ

あわせて読みたい