ここから本文です

ゆにばーす・はら「詐欺メイク」で、5分で80人からアプローチ!?

9/4(火) 18:30配信

TOKYO FM+

安めぐみがパーソナリティをつとめ、霧島の焼酎と美味しい料理でゲストをおもてなしするTOKYO FMの番組「霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU」。8月4日(土)の放送では、人気お笑いコンビのゆにばーすが登場しました。

昨年のM-1グランプリで初の決勝進出を果たした、川瀬名人とはらさんの男女コンビ・ゆにばーす。8月8日(水)には、話題となっているはらさんのメイク本「ゆにばーす はらの #詐欺メイク」(世界文化社)も発売されました。
はらさんはテレビに出るときなどは舞台メイクはしているそうですが、本のタイトルのような「詐欺メイク」とは違い、アイメイクなどはしていないのだとか。相方の川瀬さんは詐欺メイクの写真を見て「すごい変わっているなと思うけど、あの(写真の)顔のヤツがこんな体型なわけがない。ちぐはぐなんです」と、いつも近くで見ているからこその感想を語っていました。

はらさんの詐欺メイクは、アイメイクに一番力を入れていて、アイプチやつけまつげ、シャドウのつけ方を変えて、タイプ別に顔を作っているそうです。この顔で出会い系サイトに登録したところ、5分で80人くらいの人から「会いたい」と言われたのだとか。

メイクをはじめたきっかけは「どうやったら会わずにモテるのか?」だったと言います。8年前くらいから趣味の範囲でずっとやっていたそうで、今では色んなジャンルのメイクができるようになるまでに。「女の人って誰しもコンプレックスとかあると思うから、そういった方に勉強というか、自分の顔を熟知する例として使ってもらいたい」と本をアピールしました。

また、お笑い界ではM-1グランプリのシーズンが始まりました。昨年は決勝まで進出するも、残念ながら優勝には手が届かなかったゆにばーす。決勝戦はトップバッターでの出場となり、「トップバッターは(比較対象がないため高得点が出づらく)勝てない」と言われているそうで、トップだと決まったことで諦めがついて緊張しなかったと、はらさんが語ってくれました。

そもそも川瀬さんは極度の緊張しいで、デビュー直後はお酒を呑んでから舞台に出ていたと言います。一昨年のM-1グランプリの予選では緊張のあまり嘔吐してしまい、緊張の原因は何かと考え、「衣装を着る」ことなのではないかと気がついたそうです。そこで、家から衣装を着て出かけることで、移動中に緊張に慣れてから本番に挑むようにしているのだとか。

川瀬さんは、M-1グランプリで優勝したら芸人を引退すると公言しています。真相を聞いてみると、「優勝してみたくて芸人になったので、グランプリを獲ったら200%辞めます。優勝がゴールなんです」と強い意志を語ります。すかさずはらさんが「もう安さんに会えなくなりますね」と突っ込むと、「いや、年度末まではやりますから(笑)。2018年に獲ったら、2019年3月末をもって仕事を辞めます」と再び宣言。優勝したら、また番組にも来てくださるそうです。

(TOKYO FM「J-Fairy YASU」2018年8月4日(土)放送より)

最終更新:9/4(火) 19:20
TOKYO FM+