ここから本文です

私が使ってよかったダイソーの「キッチンアイテム」 環境に優しくコスパも高いアイテム3つご紹介

9/4(火) 15:00配信

マネーの達人

筆者はここ1年ほど、100均でいろいろなキッチンアイテムを買い、その使い勝手を試しています。

つい最近も、環境に優しくコスパも高い3つのアイテムを見つけました。

今回は、それらのアイテムを実際に使ってみた感想に加え、各アイテムのおすすめポイントについてご紹介します。

ペーパーストロー(ダイソー)

最近、環境保護の観点から注目を集めている「ペーパーストロー」。

最近は多くのお店でみかけるようになりました。

100均各店でもデザインがかわいいペーパーストローを販売中。

お店の目立つところに置いてあり、お客さんが手に取っている姿をよく見かけます。

そこで筆者も近所のダイソーでペーパーストローを買い、その使い心地を試してみました。

使い勝手はプラスチックのストローとほぼ同じ

ペーパーストローで麦茶を飲んでみました。

口に触れた感じがプラスチックストローと若干違いますが、プラスチックストローと同じように飲めます。

ストローは厚紙でできており、とても丈夫です。

また、内側は蝋引きされており、水をはじく構造になっています。

飲み物を飲む間にストローがふやけることもなく、飲んだ後も濡れた部分がほとんど飲んだ後も型崩れしていません。

使用前は「紙のストローなんてすぐダメになるのでは?」と思っていましたがとんでもない。

思った以上にしっかりとできていて驚きました。

どの自治体でも「燃えるゴミ」として出せるのが魅力

実は、ペーパーストローの最大のメリットは、どの自治体でも「燃えるゴミ」として出すことができる点です。

多くの自治体ではプラスチック類は燃えないゴミとして分類するため、従来からあるストローは燃えるゴミと分ける必要がありました。

しかし、ペーパーストローなら分別の手間が省けます。

また、プラスチックと違い、口に入れたり燃やしたりしても、有害物質が出る心配がほとんどありません。

もちろん、コスパが高いのも大きなメリット。

ストローのデザインが変わるタイミングで買うと半額(税込54円)になっていることもあるのでダイソーを訪れた時はぜひ買ってみてください。

1/2ページ

最終更新:9/4(火) 16:46
マネーの達人