ここから本文です

食費に大きな差が出る! スーパーで「できるだけ安く」買い物する6つのワザをご紹介

9/4(火) 16:00配信

マネーの達人

1. 生鮮食品の値段が下がるタイミングをつかむ

私たちの生活に欠かせないスーパーですが、工夫次第でもっとお得に買い物できるとしたら嬉しいですよね。

そこで、スーパーで使える小技のあれこれについて調べてみました。

地道な毎日の努力が、じわじわと家計に効いてきますよ。

乾物や缶詰などと違い、日持ちのしない生鮮食品は、スーパー側としてもなんとか売り切ってしまいたい商品。

肉、魚、野菜、果物、そして加工品であるお惣菜も、タイミングをみて買いにいけばお得にゲットできる可能性が高いです。

スーパー側はお客さんの動きに合わせて「最も売りやすいタイミング」を計っているので、調理の必要なものは夕方の比較的早い時間、すぐに食べられるものは夕食時に値下げになるケースが多いです。

私がいつも利用しているスーパーでも、肉や野菜などは夕方4時ぐらいから値段を下げ始めるし、お惣菜コーナーが盛り上がるのは夕方5~6時ぐらい。

狙っていたものにペタリと値下げシールが貼られる瞬間は、大げさじゃなく天にも昇る気持ちです。

2. 特売日の翌日は意外とねらい目

特売日にドカンと仕入れた生鮮食品は、売れ残ると翌日にどんどん値下げされます。

ですから、用事があって特売日に行けなかったとしても、翌日に行けば欲しかった商品を安く買えるかもしれません。

もちろん、売れ残らない場合もあるので、こればかりは運ですが…。

この場合、肉や野菜に比べるとまだ日持ちしやすい野菜や果物は、あまり安くなっていないケースが多いです。

3. 詰め放題で少しでも多くゲットするコツ

スーパーで実施していると、とたんにテンションが上がってしまう催し物といえば「詰め放題」。

決められた大きさのビニール袋に入れられるだけ詰めていくのですが、よく観察していると、人にとってその成果にかなりの差がありますよね。

私は不器用なのでよく途中でビニールを破いてしまったりしていたのですが、コツを知ったおかげで少しずつ詰め放題がうまくなりました。

■詰め放題を成功させるために押さえておきたいポイント

・力加減に注意しつつ、ビニール袋を縦横に伸ばす

・横向きではなく、縦方向に詰めていく

・大きさがバラバラのものは、隙間を細かく埋めながら詰める

・袋の口を留めなくてもいい場合は、放射状にどんどん詰めていく。ほんの少しの隙間も見逃さない!

実際にはこんなに整然と詰めることはできませんが、だいたいこんなイメージになると思います。

袋はあまり伸ばし過ぎると破れてやり直しになってしまうので、厚さに合わせて力の加減を調整してみてください。

1/2ページ

最終更新:9/4(火) 16:51
マネーの達人

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ