ここから本文です

大江氏が知事選出馬断念へ 自民県連は現職を推薦

9/4(火) 16:45配信

紀伊民報

 元参院議員の大江康弘氏(64)=和歌山県白浜町=が、任期満了に伴う知事選(11月8日告示、25日投開票)への出馬断念を検討していることが分かった。6日に後援会役員会で最終決定するという。

 大江氏は昨年11月に記者会見を開き、立候補を表明。自民党に公認申請していたが、県連は現職の仁坂吉伸氏(67)の推薦を決めた。

 大江氏は「県内を回ると手応えがあり、応援してくれる人もたくさんいるが、点が線になっていきにくい。悔しい思いがあるが、(支援の輪が)広がっていきにくい」と説明。「いま支援者を回っているところだが、出馬を断念するかどうか、まだ切り替えができていない。近く結論を出す」と話している。

 知事選には現在、大江氏と仁坂氏の2人が立候補を表明している。

最終更新:9/4(火) 16:45
紀伊民報

あなたにおすすめの記事