ここから本文です

IT企業が個人のアカウント情報を不正に入手、流用 浙江省

9/4(火) 16:05配信

東方新報

【東方新報】中国・浙江省(Zhejiang)の警察はこのほど、「史上最大の情報窃盗事件」として、中国IT企業が契約相手のインターネット運営会社から情報を盗んだ事件を摘発したと発表した。同社をめぐっては、「知らぬ間にフォロワーにさせられた」という通報がユーザーから相次いで寄せられていた。

 紹興市(Shaoxing)公安局によると、この事件はIT企業である北京瑞智華勝科技(Beijing Ruizhi Huasheng、瑞智華勝)を中核とする複数の企業の操作によるものだ。

 同社はインターネット運営会社と販売宣伝システムサービス契約を締結し、契約相手の運営会社のデータプールの中から不法に顧客情報を獲得。顧客アカウントを操作することにより、微博(ウェイボー、Weibo)、微信(ウィーチャット、WeChat)、QQ、抖音(ティックトック、Tik Tok)などの交流サイト(SNS)プラットフォームでフォロワー申し込みやグループ参加申し込みをさせ、不当な利益を得ていた。

 瑞智華勝は2013年5月7日設立で、登録資本金500万元(約8136万円)。17年1月19日に小規模ハイテクのバーチャル企業が集まる店頭株式市場の「新三板」(Xin San Ban)に上場。主な経営内容は「インターネットのニューメディア販売」で、同社名義で、ウェイボー、ウィーチャット公式アカウント、「今日頭条(Jinri Toutiao)」などを含むアカウント合計132個を保有する。

 ■店頭公開企業が関与した情報流出事件

 紹興市公安局越城区(Yuecheng)分局ネット警察大隊は6月下旬、複数回にわたり市民からの通報を受けた。内容は、知らぬ間に自分のウェイボーやQQなどのSNSアカウントでまったく見知らぬ人を「友達」として登録していたり、見知らぬサイトの「フォロワー」にさせられたりしていたという内容だった。そのため、見たくもない広告サイトにリダイレクトされるなどの状況になり、個人情報がどこかで漏れているのではないかという指摘だった。

 警察が調べた結果、ある通報者のアカウントは今年4月17日に八つの異なるIPアドレスから異常な回数のアクセスを受けており、これらのIPアドレスが付属するIPエリアは、前後して5000を超えるユーザーのアカウントをアクセスしていたことが分かった。

 さらに捜査を進めると、これら背後では、瑞智華勝を中核とする複数の企業が操作をしており、複数の企業の経営者と容疑者グループが一致することが判明した。警察は、瑞智華勝の容疑者6人を拘束し、主犯格の邢容疑者は逃走した。

 瑞智華勝は8月13日、声明を発表。同社の法定代表者、周嘉林(Zhou Jialin)董事、黄健(Huang Jian)監事、梁修軍(Liang Xiujun)監事などが、電算機情報システムデータの不法取得容疑で紹興市公安局から取り調べを受けおり、黄監事と梁監事はすでに検察院により逮捕されたほか、周董事は保釈されていることを明らかにした。同社は、事件は公安機関による捜査が進むのを待っている状態だと発表した。公安機関の捜査に協力するため、同社の銀行口座はすでに凍結されたという。

 警察によると、同社幹部らによる犯罪グループは10を超える省・市のネット運営業者20社と販売宣伝提携契約を結び、悪意を持ってプログラムを入手して不法に顧客情報を獲得、盗んだ顧客のアカウントを操作し、強制的にフォロワーに組み入れた。瑞智華勝傘下の各アカウントのフォロワーは10万~数百万人おり、フォロワー数によって、一本当たりの広告費が数千元から1万元(約16万円)を超える金額の範囲で決まるという。

 瑞智華勝の財務データを見ると、15年の売上げはわずか187万元(約3037万円)、純利益2万元(約32万円)だったが、16年の売上げは3028万元(約4億9200万円)、純利益1053万元(約1億7000万円)へと大幅に伸びていた。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:9/4(火) 16:05
東方新報