ここから本文です

やはりあった泥塔 新居浜・正法寺 平安末期の供養塔出土

9/4(火) 16:50配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県新居浜市大生院の正法寺(大西覚朗住職)の敷地内で、平安末期ごろに供養塔として多く使われたとされる「泥塔(でいとう)」などが多数見つかり、文化財関係者の間で話題になっている。8月上旬に調査に当たった市教育委員会の担当者らは「泥塔は四国ではあまり詳しく研究が広まっていない。今後の貴重な研究資料になる」と話している。

愛媛新聞社

最終更新:9/4(火) 16:50
愛媛新聞ONLINE