ここから本文です

トルコの銀行、60億ドルの借り換え必要-試される国際市場アクセス

9/4(火) 14:56配信

Bloomberg

トルコが深刻な経済危機に見舞われる中で、同国の銀行は年内に60億ドル(約6668億円)の外貨建て資金調達を必要としており、高い金利の支払いを迫られる可能性がある。

トルコの銀行少なくとも9行は、年末までに年間のドル建て協調融資契約をまとめる必要がある。グローバルバンク数十行が関係することも多い協調融資の契約締結に向けて、海外資金に大きく依存するトルコの銀行業界に残された時間と選択肢は限られている。

アクバンクとイシ銀行、国有のトルコ輸出入銀行は、経済危機が本格化する直前の7月にシンジケーションの協議に入った契約が、今もまとまっていない。これら3行の担当者に電話と電子メールでコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

ジュピター・アセット・マネジメントのクレジットアナリスト、レザ・カリム氏(ロンドン在勤)は「トルコがこれまで経験したどの危機よりも、今がひどい状況であることは確かだ。条件が変わらざるを得ないのは間違いない」と指摘する。

景気に水を差す米国の制裁の影響で、通貨リラが最安値を更新し、来年3月満期のソブリン債の利回りが約9%に上昇する状況で、トルコの銀行への協調融資の行方は、国際資本市場での同国の資金調達能力を占う試金石になる。

アライアンスバーンスタインのクレジットアナリスト、オカン・アキン氏(ロンドン在勤)は「融資での資金調達コストは上がるだろう。あらゆるトルコ資産の価格が、新たな市場の現実を反映する形で再設定されるのは当然のことだ」と述べた。

トルコの銀行はかねて、リラ建てよりも金利が低いドル建ての融資を利用してきた。これらの資金を借り入れる地元企業は、リラ建ての収入をドル建て融資の返済に充てなければならず、為替リスクに直面することになる。

原題:Turkish Banks Need $6 Billion Refinancing Amid Economic Crisis(抜粋)

Jacqueline Poh

最終更新:9/4(火) 14:56
Bloomberg