ここから本文です

関空、泉佐野駅へ孤立者用連絡バス 鉄道再開は未定

9/5(水) 11:08配信

Aviation Wire

 関西空港を運営する関西エアポート(KAP)は9月5日、空港内に孤立した約3000人の利用者を対岸へ運ぶため、南海電鉄泉佐野駅行き無料シャトルバスの運行を始めた。

 南海バスと関西空港交通が午前8時すぎから運行。関空第1ターミナルの2番バス乗り場から出発する。泉佐野駅からは乗車できない。

 関空では、空港島と対岸を結ぶ連絡橋が4日午後に損傷したため、4日夜は約3000人の利用者が孤立。午前6時すぎからは、神戸空港へ向かう高速船を15-20分間隔で運航している。

 関空を拠点とするピーチ・アビエーション(APJ/MM)は、関空を発着する5日の国際線と国内線全便を欠航。日本航空(JAL/JL、9201)と全日本空輸(ANA/NH)の大手2社も、国内線と国際線合わせて112便の欠航が決定している。

 南海電鉄によると、空港線の運転再開時期は未定だという。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/5(水) 11:08
Aviation Wire