ここから本文です

広島・新井、黒田氏からは「お前が決めた事だから」【一問一答 1】

9/5(水) 12:51配信

デイリースポーツ

 広島・新井貴浩内野手(41)が5日、広島市内のマツダスタジアムで会見を開き、今季限りでの現役引退を表明した。決意した時期、また影響を受けた黒田博樹氏からの言葉なども紹介した。

 【以下、一問一答】



 「今シーズン限りで現役を引退することに決めましたので報告させていただきます。ありがとうございました」

 -球団に意思を伝えたのはいつか。

 「8月の初めの方ですね」

 -経緯、思いは。

 「自分の中では早い段階でそういうときに決めようと考えていました。8月に入ってすぐ(球団本部長の)鈴木さんの方に辞めさせてもらいますとお伝えしました。鈴木さんは考え直せと。まだ辞めるなと言っていただいて1カ月間、考え直してくれと言っていただいたんですけど、8月いっぱいまで考えて、自分の気持ちが変わることはなかったので」

 -早い段階というのは。

 「決定的なタイミングはなかったんですけど、だんだん自分のことを考えていて、そろそろかなと。考え出したのは交流戦ぐらいですかね」

 -気持ちが変わらなかったのは。

 「今、若手がすごく力を付けてきてますし、これからの2、3年後、5年後のカープのことを考えたときに、今年がいいんじゃないかなと考えました」

 -現在の率直な気持ちは。

 「自分の中では2015年にカープに戻ってきてから、とにかくカープのため少しでも力になれたら、力になれなかったら辞めようと思っていた。4年間も、優勝もさせていただいて、本当に周りの人に感謝の気持ちしかないです」

 -誰に相談したのか。

 「黒田さんには早い段階で、石原にも言っていましたね」

 -黒田さんの反応は。

 「えっ、ホンマか。それが第一声でした」

 -黒田さんにはボロボロになるまで辞めるなと言われていた。

 「最初はまだまだできるだろうという感じだったんですが、しゃべっていくうちにお前が決めたことだから、あとはお前らしく頑張れといっていただきました」

 -石原選手の反応は

 「何も言葉を発することなく、ショックそうでした」

 -石原選手には何と伝えたか。

 「ベテランは僕と石原ぐらい。あと石原だけになってしまったので、まだまだお前の力は必要だと思うと。少しでも長くやってほしい」

 -家族の反応は。

 「子どもに伝えたときは何で?と、辞めてほしくなさそうな表情でしたね」

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(水) 9:25