ここから本文です

さくらももこさんはヘビースモーカーだから乳がんで亡くなった? 日本禁煙学会の発表文に患者から批判

9/5(水) 11:10配信

BuzzFeed Japan

国民的な作品「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家、さくらももこさんが乳がんのため亡くなった。

その知らせが流れた直後の8月30日、さくらさんが乳がんになったこととヘビースモーカーであったことを結びつけるかのような発表文が日本禁煙学会から公表され、患者団体から批判の声が上がっている。

乳がん経験者で、がん患者の就労を支援する一般社団法人CSRプロジェクト代表理事の桜井なおみさんは「人の死に便乗した啓発活動は共感を生まない」と不快感を示した。

卵巣がん体験者の会スマイリー代表の片木美穂さんは、「特定の個人、亡くなられた方を名指しすることは、その方を傷つけ、また家族や、ご友人、働いていた仲間など、その方に関わる全ての悲しんでいる方に対して配慮が欠けているのではないか」として、学会に向けて文章を見直すよう求める要望文を出した。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

生前の発言を引用し、「タバコと乳がんの関連をまったくご存じなかった」

問題とされているのは、日本禁煙学会理事長の作田学氏の名前で8月30日に同学会のウェブサイトに公開された、「『タバコと乳がんについての最新知見』を掲載致しました」という文書。

喫煙すると閉経前に乳がんを罹患するリスクが3.9倍、受動喫煙で2.6倍に増えるとする調査報告などを掲載した「タバコと乳がんについての最新知見」というパンフレットへのリンクを掲載した後に、さくらさんのことに触れている。

”私たちの大好きであったちびまる子ちゃん、その生みの親のさくらももこさんが乳がんで53歳の若さでなくなりました。”

と始まり、

”さくらさんはヘビースモーカーであったことが知られています。

「私は大の愛煙家だ。朝起きてまずタバコを吸い、昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、夜眠る直前までタバコを吸うーー。」と、本人も言っています。

そして、こうも言っています。「タバコは私に健康の大切さを考えさせ、吸うからにはまず健康を確保しろということに気づかせてくれた。」”

と本人の生前言ったとされる言葉を引用しながら、ヘビースモーカーだったことを強調。

その上で、

”これはタバコと乳がんとの関連をまったくご存じなかったとしか思えません。”

と指摘し、

”今後は、このような悲劇がおこらないように、このパンフレットを公開いたします。”

と結んでいる。

1/3ページ

最終更新:9/5(水) 11:10
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい