ここから本文です

菅野世代の諦めない男・知念広弥が現役続行!その舞台は台湾?それとも日本?

9/5(水) 19:39配信

テレビ東京スポーツ

NPB未経験という異例の経歴で台湾プロ野球に挑んだ知念広弥(28)投手が、来季も現役を続行することが本人への取材でわかった。

【動画】NPB未経験の台湾プロ野球選手 知念広弥が念願のプロデビューを振り返る

今季から統一ライオンズに所属する知念は8月22日に1軍初登板を果たすも、外国人登録期限を翌日に控えた8月30日に登録抹消。登板予定を二度雨天中止で逃した知念に代わり、8月中旬に加入した元西武のバンヘッケン投手(39)が昇格した。

統一ライオンズのコウ監督は苦渋の決断だったことを明かし、今季中の1軍昇格は行えないが、チームはシーズン終了まで契約を更新する見込み。また来季も春季キャンプから知念を招聘する方針だ。

この打診を受けた知念は「非常に光栄なこと」と笑顔で語った上で、10月のNPBドラフト会議で指名された場合は日本球界入りできることを条件に加えてもらいたいと球団へ返答。

台湾か日本か…どちらの国でかはまだわからないが、巨人菅野智之投手、日本ハム中田翔選手と同じ1989年生まれの知念が、来季も現役を続行する。遅咲き左腕の今後の活躍に期待したい。

知念広弥(ちねん こうや)
1989年12月18日、沖縄県那覇市生まれの28歳。
おかやま山陽高校→金沢学院大学→九州三菱自動車→BC新潟
今年3月自費で統一ライオンズ(台湾)の入団テストを受け合格した
175センチ85キロ 左投左打 妻はみなみさん

テレビ東京

スポーツナビ 野球情報