ここから本文です

国体で都道府県対抗「eスポーツ」 「ウイイレ」団体戦

9/5(水) 14:58配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

2019年の国体で行われる、eスポーツの大会の概要が発表された。

日本eスポーツ連合・岡村秀樹会長は「来年の国体を契機に、今後も健全な実績を積み重ねて、正式種目に採用されるということを目標に努力していきたい」と話した。

2019年、茨城県で行われる国体の文化プログラムとして開催される、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の共同会見が、4日、都内で行われた。

大会で採用されるゲームは、人気サッカーゲームの「ウイニングイレブン」で、3人1組による団体戦を予定していて、年齢制限のないオープンの部と、高校などに在籍する人を対象にした少年の部の2部門で競技を行う。

2019年2月から特設サイトで出場の受付を開始し、4月から各都道府県の代表を選出する予選会を行い、10月4日から6日の3日間で、本大会を行うとしている。

FNN

最終更新:9/5(水) 14:58
ホウドウキョク