ここから本文です

北海道 午後は天気急変の可能性 少しの雨でも土砂災害に注意

9/6(木) 5:54配信

ウェザーマップ

 きょうは朝から晴れる所が多く、東日本・西日本を中心に真夏日となる見込み。ただ、北海道など北日本で午後は大気の状態が不安定となるため急な強い雨や落雷のおそれがある。強い地震のあった地域では少しの雨でも土砂災害に注意が必要だ。

北日本 天気急変も

 台風21号から変わった温帯低気圧は日本の北へと進んだが、北日本ではまだ南風の強い状態が続く見込み。強風や高波にきょういっぱい注意が必要だ。

 北日本は概ね晴れて日差しが戻る予想だが、上空の寒気の影響で午後は大気の状態が不安定となる。急な強い雨や落雷、竜巻などの突風に注意したい。北海道など強い地震のあった地域では地盤が緩んでいる可能性もあるため、少しの雨でも土砂災害に注意する必要がある。

東海から西の太平洋側で徐々に雨

 東日本・西日本も高気圧に覆われて晴れるところが多い。ただ、南海上から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、太平洋側では西から徐々に雨の範囲が広がる予想だ。
 早い所で九州南部は昼前後から、四国の太平洋側と近畿南部では夕方頃から雨が降り始め、夜には東海地方でも雨となる予想だ。

各地真夏日で熱中症に注意

 北海道では30℃に届かないところが多いものの、関東から西では32℃前後で、きょうも東・西日本を中心に真夏日となる見込み。この夏記録したような猛烈な暑さではないものの、熱中症には十分注意が必要となる。
 屋外では直射日光をできるだけ避けて細目に水分を摂るなど、引き続き熱中症対策を行っていきたい。

関東以外はあすから雨

 あすから週明けの火曜日頃にかけては北海道も含め各地で雨の日が続く見込み。気温も平年並みか平年以下へと下がる予想だ。
 一方関東だけは週末まで晴れ、33℃前後の気温が続く見込みだ。(気象予報士・野口琢矢)

あなたにおすすめの記事