ここから本文です

A代表初召集の堂安律「プレースタイルに自信MAX」代表デビューへ

9/6(木) 17:05配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京

 森保一監督率いる新生・日本代表の合宿に合流したMFの堂安律(フローニンゲン)。A代表に初召集の堂安は5日に行われた練習後、取材に応じた。

Q.この合宿でどのような考えを持って参加されましたか

そうですね。まずは、うれしさあったので感謝の気持ちを持ってピッチに立つ事と、オンザピッチのところではしっかり結果を出してアピールしたいなと思います。

Q.海外経験を踏まえて、A代表でやっていく自身は

自信がないと自分のプレーはできないですし、自身があっての今のプレースタイルなので。そこはMAXに持っています。

Q.若い世代が代表の中心になっていかなければいけないと思うが

僕たちの世代は東京オリンピックということで、すごい言われている分、そっちを頑張りどころですけど、A代表は目指さないといけないですし、そういう使命感を持って自分はやっていきたいと思っています。

Q.今回のチリ戦、コスタリカ戦はどういった位置づけか

チャンスがあれば結果を残していきたいと思いますし、それ以前にまずはチームとして、初戦ということもありますし、しっかり勝てるようにそこに自分が少しでも貢献出来るように頑張りたいと思います。

Q.ロシアW杯で一番印象に残った選手は

もちろん、日本代表の選手たちには刺激をもらいましたけど、特に同年代の(フランス代表の)ムバッペ選手や、韓国のイスンウ選手とかは同い年で10番をつけているので、悔しいです。

(ムバッペ選手は)大会通して、毎試合ハイレベルなプレーをしていましたし、アルゼンチン戦なんかは、僕がメッシが好きなので注目して見ていたんですけどみんなが世代交代かと思うほどの結果を見せつけたので、凄く刺激をもらいました。

Q.森保監督のサッカーの印象は

やっぱり、ポゼッション。ボールを自分たちが保持して攻撃するっていうのは印象通りの練習内容でした。

(自分は)オンザボールで輝く選手だと思っているので、そういう(ポゼッション)サッカーは合っているかなと思うので、オンザボールの部分は見てほしいかなと思います。

テレビ東京