ここから本文です

ホテルに缶詰も 地震直撃の修学旅行生、無事帰宅 北海道・幕別町

9/6(木) 19:09配信

十勝毎日新聞 電子版

 北海道胆振東部地震が発生した6日、修学旅行で札幌方面に滞在していた十勝地方の小学6年生が無事に長旅から戻った。

 幕別町の札内北小の6年生42人は宿泊していた札幌市内定山渓のホテルを午後1時半過ぎにバスで出発。信号が点灯しない中、安全に気を配りながら同5時ごろに同校へ到着した。

 子どもたちはやや疲れた表情を見せながらも、父母から「おかえり」「大丈夫?」と優しく声を掛けられ、笑顔を浮かべていた。

 「絆と感謝をここまで実感した修学旅行は初めて」と同行した新町洋行教頭。1泊2日旅行の2日目はホテルに缶詰め状態となったが、6年生の大矢海翔君(12)は「地震で停電になった時はどうなるかと思ったけど、皆の団結力が強くなった。思い出に残る修学旅行になった」と話していた。

 同町の幕別小の児童もそれぞれの家路に就いた。(松村智裕)