ここから本文です

不祥事ばかり「もはや笑えない」 ダメじゃん小出トークライブ

9/6(木) 9:52配信

カナロコ by 神奈川新聞

 風刺を効かせた時事ネタを得意とするピン芸人、ダメじゃん小出のトークライブ「黒く塗れ!」が、横浜市中区野毛町の横浜にぎわい座小ホール「のげシャーレ」で16日に行われる。政治やスポーツ界の不祥事など、突っ込みどころに事欠かない現状に「もはや笑えない」と苦笑する。

 「容疑者や受刑者が簡単に逃げたり、病院で人が殺されたり…。今までならば『まさか、そんなこと』と落語やコントになった状況が、今は現実に起こっている」と半ば驚き、半ばあきれた表情で小出は話す。

 しかも、そういうニュースの寿命は短い。新たな話題に取って代わられ、消費されるからだ。「モリカケ問題や紀州のドン・ファンの事件のことを今どれほどの人が話題にしますか」。笑いの種が豊富にあるようで、実は時事問題を扱う芸人に厳しい時代なのだ。

 一方で、その視線は街の小さな変化を目ざとく見つける。「よく行く居酒屋の店員さんはみんなネパール人。でもチューハイのおかわりの細かな注文にしっかり応えてくれるんです。梅干しはそのままで氷を足して、みたいな注文に」

 変わりゆく世間を温かく見つめつつ、無責任な「偉い人」たちに鋭く突っ込みを入れる。例えば、はなから酷暑が予想される東京五輪や、中央省庁の障害者雇用の水増し問題。「うやむやで終わることがあまりに多くて」。それを忘れまいとする、庶民の笑いだ。

 開演は、昼の部は午後1時、夜の部は同5時。入場料2千円。問い合わせは、横浜にぎわい座電話045(231)2515。

あわせて読みたい