ここから本文です

<北海道震度7>1人暮らしの男性2人死亡 CO中毒か

9/7(金) 21:22配信

毎日新聞

 地震による停電が広範囲で続く北海道で7日、自宅内で発電機を動かしていた1人暮らしの男性2人が相次いで倒れているのが見つかり、死亡が確認された。一酸化炭素(CO)中毒とみられる。

【この日も】雨の厚真、懸命の捜索活動続く 

 道警などによると午前8時過ぎ、標津町の民家で会社員の40代男性が倒れているのを同僚が発見。ほぼ同じころ、上富良野町の住宅でも自営業の70代男性がぐったりしているのが見つかった。

 燃料はいずれもガソリンで、道警は発電機の排ガスにCOが含まれていたとみている。発見された時は燃料を使い切っていた。道内には停電で発電機を使っている家庭が多いとみられ、道警は換気に注意を呼びかけている。【本間浩昭】

最終更新:9/7(金) 23:01
毎日新聞